NIHON UNIVERSITY SENIOR HIGH SCHOOL

OFFICIAL BLOG

スーパーグローバル(SG)クラス

連続グローバルセミナー③「おっとりとピーターラビットの世界へ」

9月13日(火),第3回のセミナーを開催しました。今回は河野芳英先生(大東文化大学・英米文学科教授)をお招きして実施しました。

今回の演題は「おっとりとピーターラビットの世界へ」でした。一言で,2時間でビアトリクス・ポターとピーターラビットのすべてが盛り込まれた講義でした。物語の世界に入り込んだような,あるいは,英国を旅しているような時間で,ピーターラビットを存分に味わいました。味わうと言っても,ピーターのお父さんをマクレガー夫人がパイにして食べてしまったのとは違いますよ!存分に楽しんだということです。

さて,児童文学研究,ピーターラビット研究という面に目を移すと,国内外ですでに多くの研究成果が発表されており,新訳を出すということ以外には,もはや入り込む余地がないのではないかという思いを抱いていました。しかしながら,講義の中では数々の解明されていない研究課題が示されました。さらにそれらをつなぎ合わせることで,新たな発見に至るということも学びました。生徒にとっては,大学での研究とはこういうものであるという大きな学びとなりました。

生徒は今回も,一生懸命に事前学習に取り組み,少しでも多くのことを学ぼうという姿勢で講義に臨み,そして最後にはたくさん質問をしてくれました。そういう学びに対する姿勢は,今後の学校生活を必ず良い方向に導いてくれるものと思います。

河野先生は,国内におけるピーターラビット研究の権威であり,かつ,英国ビアトリクス・ポター協会のリエゾン・オフィサーでもいらっしゃいます。今回,河野先生の,ピーターラビットに対する深い愛情を感じ,生徒からは,現在開催中の「出版120周年ピーターラビット展」を早く観に行きたいという声がたくさん上がりました。

(松崎)

 

【本校公式facebookアカウント】

https://www.facebook.com/NihonUniversityHighSchool/

【本校公式twitterアカウント】

https://twitter.com/Nihon_Univ_HS

【本校公式instagram アカウント】

https://www.instagram.com/nihon_university_high_school/