NIHON UNIVERSITY SENIOR HIGH SCHOOL

OFFICIAL BLOG

お知らせ

中学1年生 家庭科実験をご紹介

本日は中学1年生が行った家庭科実験についてご紹介します。

喉が渇くと手軽に飲んでしまう清涼飲料水。果たして身近な飲み物に砂糖はどのくらい入っているのかというテーマで,清涼飲料水の糖度を測ってみました。

糖度計の使い方もバッチリ!友達と協力してスムーズに計測していきます。

計測後,実際に含まれている量の砂糖を袋に入れたものを見てもらいました。

予想をはるかに超えた量に驚きの様子でした。

清涼飲料水にはどれくらいの量の砂糖が含まれているかは,パッと見では分かりません。しかし,糖分がどれくらい含まれているかを知るのは実はとても簡単です。

清涼飲料水の表示には栄養成分表示というものがあり,その中には炭水化物という項目があります。炭水化物は砂糖も含めた糖質の総量を示している数値なのです。

成分表示と計測数値を見て実感していました。

生徒達からは「ジュースを飲む量に気をつけたい」「成分表示を見てジュースを選ぼうと思う」などの意見が出ました。

私たちの身体は,食べた物で出来ています。

健康に留意して,充実した日々を過ごしていきましょう!

(畑岡)

—————————————————————–

【本校公式facebookアカウント】

https://www.facebook.com/NihonUniversityHighSchool/

【本校公式twitterアカウント】

https://twitter.com/Nihon_Univ_HS

【本校公式instagram アカウント】

https://www.instagram.com/nihon_university_high_school/